Hattsの記事をシェアしてね!

ファーストクラス!?ビジネスクラスで世界一周!?航空券が意外なほど安かった。

世界一周・・・。

文字通り世界各国を回るわけですから、当然お金が掛かります。旅先で出会うのはだいたい貧乏バックパッカーです。

交通費、食費・・・。今月はいくら使ったかなーと考えながら旅しないといけません。

だから航空券はエコノミークラスが当たり前・・・。

だと思っていた時期が私にもありました!!

違99,999,000,007です!!ちょっと工夫すれば、簡単にビジネスクラス、ファーストクラスでさえも手が届いてしま99,999,000,007です!!

今回は、ビジネス・ファーストクラスで世界一周を優雅に楽しみたい方へ、その裏技をご紹介したいと思います。

Sponsored Link


ビジネスクラス・ファーストクラスで世界一周がしたい!!!

世界一周に行く人は当然旅好きです。

でもだからと言って、狭〜いバスや飛行機がへっちゃら!!ってわけではないですよね。

むしろ疲れるんだから、移動時間くらいはゆったりしたいもの。

エコノミークラスだと、、、

出典:https://www.jal.co.jp/inter/service/economy/seat/skywider.html

出典:https://www.jal.co.jp/inter/service/economy/seat/skywider.html

・・・やっぱ狭いのは狭いですよねー。

足も伸ばせないし、寝にくいことこの上ありません。

で、これがビジネスクラスになると・・・・?

出典:https://www.jal.co.jp/newsky/ss7/business/seat/

出典:https://www.jal.co.jp/newsky/ss7/business/seat/

おおお!!!

さらにさらに、ファーストクラスになると!!!?

出典:https://www.jal.co.jp/newsky/ss7/first/seat/

出典:https://www.jal.co.jp/newsky/ss7/first/seat/

もはや住めるレベル・・・!!!

もちろんエコノミーも座り心地は最低限保たれているのですが、

ビジネス・ファーストを経験したあとだと元には戻れません!

まるで雲の上に横たわったかのような寝心地です。

世界一周旅行者にこそ、これを体感して欲しいですね。

もちろん、ビジネス・ファーストが優れているのはシートだけじゃありません。

食事にも徹底的にこだわっています。

出典:https://www.jal.co.jp/newsky/ss7/first/meal/

出典:https://www.jal.co.jp/newsky/ss7/first/meal/

あれ?陸の上で食べるご飯より美味しいんじゃ・・・!?と疑うほどクオリティが高い!

シェフが腕をふるって作っていますからね。当たり前です。

エコノミーのようなカチカチパンは絶対に出てきません笑

接客もやはり違います。エコノミーだとマニュアル通りのサービス。

でも、ビジネス以上ならCAさんの心遣いを直に感じることができます。

眠いときにはブラインドを下げてくれたり、消灯してくれたり、

完璧なタイミングで飲み物が出てきたり・・・・。

王様気分が味わえます。

ということで、やっぱりビジネス・ファーストクラスは最高なわけです。

で、問題はこれにどうやって乗るかって話なんですよね。

ビジネス・ファーストクラスの世界一周航空券がこんなに安く!

さて、高嶺の花に思えるビジネス・ファーストクラスですが、

想像以上に安く乗れてしまいます!!

その裏技(?)が「世界一周航空券を使う」ということ。これだけです。

世界一周航空券ってなんじゃそら?という方のために軽く紹介しておくと、

7枚の航空券がセットになったものを世界一周航空券と呼ぶのです。

簡単にいうとセット料金だから安いってことですね。

世界一周航空券はどれくらい安い?

さて、では実際にどれくらい安いのか見てみましょうか。

普通にファーストクラスの航空券を買うと・・・

東京▶︎シンガポールで90万

東京▶︎パリで250万

東京▶︎ドバイで300万

とアンビリーバブルな価格設定になっています。

これが、世界一周航空券を使うと・・・?

6大陸(15都市くらい)回って、100〜150万円で済んでしまう!!!

一回あたりのフライトにかかるお金は6万〜10万程度。

あれ?エコノミーと同じくらいじゃないですか!!!?

めちゃめちゃ安い!!!これは活用するしかない!!!

世界一周航空券のルール

とはいえいいことばかりでもない様子。

世界一周航空券を使うに当たっていくつかルールがあるので、それをご紹介。

◆有効期限

有効期限は1年間。

1年の間に行きたいところを回り終わる必要があります。

もちろん、世界一周航空券を使い終わったら、普通にLCCで移動ってことも可能ですが。

◆ルートの方向

ルートは1方向に限られます。

出典:http://www.sekai1.co.jp/explanation/02.html

出典:http://www.sekai1.co.jp/explanation/02.html

なので、「東から西へ旅する」と決めたら、途中で「西から東へ」に変更することはできません。

これがなかなかに不便。ルート変更もできますが、手数料を取られます。

◆グループ分け

世界一周旅行券を発行しているのは、以下の3グループ。

①スターライアンス(全日空、ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空etc…)
②ワンワールド(日本航空、アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズを中心とするワンワールド。
③スカイチーム(デルタ航空、エールフランス、大韓航空etc…)

それぞれの空港が全都市にあるわけではないので、

あなたが行きたい国に空港のあるグループを選ぶ必要があります。

バックパッカーに人気なのは、スターライアンスかワンワールドのようですね。

◆最低旅行日数

ただし、スターライアンスとスカイチームには最低旅行日数というものがあり、

「最低10日以上は旅に出てくださいね。」という決まりがあります。

ワンワールドにはそれが一切ないんですよね。

1週間で世界のあちこちを飛び回りたい!って方はワンワールド一択になりますが、

世界一周を考えている人であれば、この条件はそれほど気にならないでしょう。

◆滞在可能都市数

さて、問題となる条件が滞在可能都市数です。

スターライアンスとスカイチームは最低で3カ国、最高で15カ国の滞在となります。

なので、少なすぎてもダメだし、多すぎてもダメということ。

比べてワンワールドは、制限なし!

でもその分、区画制限があります。

アジア・ヨーロッパ・アフリカ・オセアニア・南米は4回、北米は6回しか飛ぶことができません。

経由も数に含めるので、例えば日本から韓国経由で中国に行くと、韓国(経由)&中国で2回分アジアの区画を使ってしまったことになります。

なのでアジアはあと2回しか飛べなくなるということです。

直行便が上手くあればいいんですけどね〜。この制限はなかなか痛いです。

◆フライトの決定

一番厄介なのがコレ。

世界一周を始める前にフライトの日時を予め決定しておかなければなりません。

自由がかなり制限されるので、旅の途中で出会った人に刺激を受けて、

「〇〇が楽しそうだからちょっと行ってみたいっ!!」なんてことが難しくなります。

ファーストクラスよりビジネスクラスの方がコスパ高め!?

ビジネスよりファーストクラスのが快適。

これはそりゃ当たり前なんですが、その快適さって値段に比例するのかというと・・・・?

ビジネスクラスでもエコノミーの2倍くらいしちゃいます。

なのに、ファーストクラスはビジネスクラスのおよそ1.5倍の料金。

世界一周航空券を使うとはいえ、やっぱり高いのは高いわけですよ。

シート・接客・料理もビジネスクラスで十分満足できる内容ですし、

価格を考えると、やはりビジネスクラスが最もお得感高めなのではないかなーと私は思いました。

マイレージを貯めることでさらにさらにお得!

世界一周航空券だけでもお得なんですが、さらにマイレージを貯めることでお得感がグーンと上がります。

ビジネス・ファーストクラスともなるとマイレージもめちゃめちゃ貯まりますからね!

マイレージが溜まりやすい航空会社を選んで、クレジットカードを作り、世界一周していくと、あれまあれまといううちにマイレージ貯金ができます。

世界一周が終わる頃には、おまけでヨーロッパに無料で行けてしまいますよ。

世界一周航空券は結局高い?安い?

さーて、

ここまで世界一周航空券について書いてきましたが、結局LCCの安さには勝てないようです。

なので、とにかく費用を削りたいのであれば、LCCにすることをお勧めします。

でも、コストパフォーマンスの高さを重視するのであれば、世界一周航空券も全然アリですよね。

上にまとめておいた条件が問題なく飲める&予算というよりコスパ重視のバックパッカーさんはぜひこの「世界一周航空券」、活用してみてはいかがでしょう?

Sponsored Link


Sponsored Link