Hattsの記事をシェアしてね!

これだけ揃えよう!バックパッカー夏の服装&冬の服装大公開!!

バックパッカーにとって毎日の服装って重要ですよね!

世界には暑い地域も寒い地域もあるし、どういった服を持って行ったらよいかわからない…

できるだけ荷物を軽くしたいんだけど、どんな服を持っていけばいいんだろう…

ルートが確実に決まっていればある程度予測はたつものの、
どのルートでいくか行ってみないとわからない!ということになれば、何を何着もってけばよいかもわからないですよね。

では世界を旅するバックパッカーは実際どのような服装で旅をしているのでしょう?

Sponsored Link


バックパッカーの夏の服装はどんな感じ!?

photo-1470919543690-22e21c13163d

バックパッカーといえば基本はTシャツとボトムスです。

なぜならその服装が一番重くなく、機能性に優れているからです!

バックパッカーにとって身軽な服装だといえます。

最強のトップスは!?

Tシャツに勝るものはありません!

動きやすく、汗をかいたり汚れたりしたらすぐに着替えることができます。

Tシャツといっても素材や柄を自分好みに選べば、Tシャツ一枚でオシャレになることもできます。

もう使えない状態になったときは、Tシャツであればどこでも買うことができます。

世界中旅をしていると、どこでもTシャツは売ってますもんね。

というこで、バックパッカーにとってTシャツはかかせません!!

最強のボトムスは!?

ハーフパンツや七分のパンツが履きやすいです!

暑い国にいると、そういったボトムスがとくに動きやすいですからね。

ジーパンは確かに一枚あるとオシャレでどのTシャツにも合わせることができますが、オススメしません。

なぜなら重いし、乾きにくいからです。

旅人にとって速乾性も大事なポイント!

丈夫であり、速乾性や軽さを兼ね揃えたボトムスを選ぶといいですね!

最強の履き物は!?

暑い国ではサンダルが一番です!

とはいえ、歩くことが多いバックパッカーにとってサンダル選びは重要です。

自分の足に合った、長く歩いていても疲れないサンダルを選びましょう。

ちなみにわたしははじめ100均のサンダルを持っていきましたが、すぐに壊れました。笑

なので、同じく日本から持って行ったクロックスを愛用していました!

街中を少し歩くのであればビーチサンダルが便利ですが、できればかかとも固定されているようなサンダルの方が、疲れにくいです。

夏の国はそれだけでよい!?

暑いからといって、半袖半ズボンだけではいけません。

夜になると冷え込んだり、冷房が効きすぎていて寒い!ということもあります。

なので羽織れる上着は持っておいたほうがよいです。

またイスラム圏などは肌を露出しすぎてはいけないため、長ズボンもあったほうがいいでしょう。

バックパッカーの冬の服装はどんな感じ!?

photo-1425100599170-85ec4f00a6ee

ここでも重要なのは、いかにかさばらず重くないかということ。

分厚いのを一枚着るというよりは重ね着をしていったほうがいいですね。

重ね着をすることで、暑い地域で着ていた服も有効活用できちゃいます!

まずはインナーであったかく!!

ヒートテックは最強です!

わたしはUNIQLOの極暖を愛用していますが、かさばらないので重ね着ができるうえにあったかい!

冬の地域ではこれなしで過ごせません。

ヒートテックは上・下があるので、もちろん両方持っていくことをオススメします。

今はヒートテックのタイツや靴下も売っているため、自分の寒がり度に合わせていろいろ試してみてください。

ウルトラライトダウンを持っていけ!

別にUNIQLOの回し者ではありませんが、やはりウルトラライトダウンは最強です!

まずは軽さ!

信じられないほど軽いです。

そしてかさばらない!

袋付きで販売しているため、袋に収納すれば、信じられないほど小さくなります。

なので、リュックに一つ忍ばせておいて損はありません!

軽くて防寒性に富んでいるフリース!

フリースも冬の地域に行くのに欠かせないアイテムです。

軽いのにあったかい!こんな優れものなかなかありません。

ヒートテックの上にフリース。

その上にウルトラライトダウン。

これで十分あったかくなります!

最後は風を通さない防寒具を!!

一番上に着るのは風を通さず、撥水性のあるレインジャケットやウィンドブレーカーのようなものを着るのがベストです。

そうすれば、少々風が強くても、少々雨が降っていても乗り切れますよね!

これでも寒さをしのげない時は!?

雪の降り積もる真冬の国に行ったり、オーロラを見に行ったりするのであれば、これでも防寒が不十分な時があります。

そんな時は現地調達しちゃいましょう!

日本から重い思いをして持っていくよりも、現地で買ったほうが効率的です。

さいごに

いかがでしたか??

夏の国、冬の国はの服装についてイメージはつきましたか??

世界一周をしていると、昨日まで夏の国だったけど、今日から冬の国へひとっ飛び!なんてことも珍しくありません。

わたしは夏だけを追いかける!というスタイルで世界一周できれば一番楽なのですが…。

なかなかそうもいきませんよね。

ぜひこれを参考に持ち物を整理してみてください!

夏の国でも冬の国でもバックパッカーを楽しめるのが一番です!

Sponsored Link


Sponsored Link


『これだけ揃えよう!バックパッカー夏の服装&冬の服装大公開!!』へのコメント

  1. 名前:アフィブロガー 投稿日:2016/11/27(日) 15:30:04 ID:fb83faa9f 返信

    バックパッカーしてた人の視点はまた違うだろうね
    暑いか寒いか、特定の宗教って観点だけではお寒い