Hattsの記事をシェアしてね!

女性バックパッカーのマル秘テク!おしゃれも機能性も叶える服装とは?

今では女性も旅する時代!

でもいざいこう!とした時、どんな服をもっていったらよいかわかんないですよね。

旅の準備をするとき、わたしが1番悩んだのもこの服装についてでした。

できれば女性たるもの、少しくらいおしゃれもしたい!

けれど軽くて機能性に富んでるものがいい!

でも暑い国も寒い国も行く予定だけどどうしよう…?

では世界中の女性パックパッカーはいったいどんな服装で旅をしているのでしょうか??

そんな女性パックパッカーの服装についてまとめました!

Sponsored Link


女性バックパッカーの服装!最低限何に気をつけるべき!?

photo-1465317480636-fc9bb019d82a

動きやすく、軽い服装を目指すのがベストです!

動きにくかったら旅をしていてもすぐに疲れたり、何かあったときに素早い対応ができません。

タイトなスカートであったり、ツッパリ気味のパンツであったり、ヒールのついた靴であったり、フリフリレースのトップスであったり……

動きにくそうですよね。。

おしゃれをしたくても最低限ここだけは気をつけてほしいです。

そういったおしゃれは日本ですればいいですからね!

軽さももちろん重要です!

どうしても女性のほうが荷物は多くなりがちですが、持てる荷物が少ないのは女性なのです。

重いバックパックを背負って歩くとすぐに疲れてしまいます。

なので軽い素材のものを意識して下さい!

いくら、動きやすくて軽くても、自分のお気に入りの服だけは持っていかないようにしてください!

旅をしていると、汚れることが大前提にあります。

何日も洗濯できなかったり、

逆に何度も洗濯するからどんどん服がボロボロになったり、

なんてこともあります。

最悪捨ててもいい!という服を持っていったほうがよさそうですね。

女性バックパッカー!どこでおしゃれをしよう!?

photo-1465428792730-f80a9aa81540

ワンピースやスカートを上手に使おう!

上に条件をあげましたが、おしゃれができないわけではありません!

スカートやワンピースも取り入れても大丈夫です!

ただ丈は気をつけてくださいね。

あまりに短すぎる丈や、地面すれすれのマキシスカートは危険です。

スカートやワンピースの下にレギンスを履いた方が、露出を控えられる面で良いです。

東南アジアから旅を始めるときは、

マーケットにアジア柄のワンピースやスカートがたくさん売っているので、

そこで購入するのもアリです!

生理のとき、あまり締め付けたくないという方はやはりワンピースが一枚あったほうがよいです。

ただ、露出を避けたほうがいい地域や激しい動きをする日はパンツを選択しましょう!

チェック柄やボーダー柄を上手く取り入れちゃえ!

柄の定番といえばチェック柄やボーダー柄!

ボーダー柄のTシャツやチェック柄の長袖シャツをもっていれば、なんだかおしゃれな感じがしませんか?

汚れないためにボトムスは黒や紺になりがちです。

そんなとき、トップスにボーダーやチェックなどの柄物を持っていくと、

どのようにも合わせられておしゃれに見えます!

ちなみにわたしははじめ、原色のTシャツばかりを持っていたため、

おしゃれとは程遠いところにいました。笑

温度調節に最適!ストールやカーディガンでおしゃれに!!

A photo by Eli DeFaria. unsplash.com/photos/IN6KPUe8j04

暑い国にいっても冷房が効いていて寒かったり、夜になり急に冷え込んだり、

旅をしていると温度調節が重要になだてきます!

そこで、女性はストールやカーディガンを上手く活用して、温度調節かつおしゃれに着こなしちゃいましょう!

ストールは、東南アジアから旅をするのであればマーケットにたくさん売っています。

ここで安くお気に入りの柄を見つけてみては!?

カーディガンは簡単に羽織れるので持っていったほうがよいです。

カーディガンを着ているだけでおしゃれに見えたりしますしね!

小物アイテムでおしゃれに!!

寒い国に行くのであれば、手袋やネックウォーマーが必要になります。

そういった小物の色や柄で個性をだしておしゃれにするのもいいですね!

足元もおしゃれに!ということで靴下に個性を出すのアリです。

アクセサリーでおしゃれをするのは危険!!

女性たるもの、アクセサリーでおしゃれをしたい気持ちもありますが、旅中は危険です!

現地で買ったミサンガや目立たないネックレスであれば大丈夫です。

しかしキラキラ宝石がついているものや、

いかにも高そうなものは引きちぎられる可能性が高いです。

ピアスは耳ごと引きちぎられる危険があるので、できれば避けて下さいね。

そんなアイテムがなくても、おしゃれは他でできますよ!!

水着は絶対持って行こう!!

海に入らないかもーと思っていても、

いざ水着を着る!ということもあります。

海外の温泉は水着着用で入るところが多いですし、

海外のほうが安いからダイビングライセンスを取ろう!

とする時も水着は必要になります。

水着はかさばらないし、

いざとなったら下着としても活用できるので…

ぜひ日本からお気に入りの水着を持っていくことをオススメします!

わたしのおしゃれ旅を紹介!

dsc08702

おしゃれ度の低いわたしも、

頑張っておしゃれをしようとしています。

おしゃれと言えるかはわかりませんが、浴衣を持ってきました!

日本の日常で浴衣を着ている人も見ませんが、

海外ではもっといないですよね。

もちろん汚れても捨ててもいい浴衣です。

浴衣を着るとどうしても目立ち、動こにくいので、

危険な場所では着ない、

日中出歩くときのみにする、

浴衣を着るときはできるだけ荷物を少なくする、

などを心がけていますが、旅中にたまに着てみるのもけっこういいですよ!

さいごに

女性だからと怖じ気ずに、ぜひおしゃれに世界中を旅してみてください!

自分だけの個性的なおしゃれで旅をすることで、旅がより楽しくなると思います。

女性バックパッカーがより増えることを期待しています!!

女子バックパッカーのコラムを見る

Sponsored Link


Sponsored Link