Hattsの記事をシェアしてね!

世界一周にWifiルーターは必要?海外のネット環境はどんな感じ?

日本というのは、実はWifiのインフラ整備がそれほど進んでいない国です。喫茶店などに入っても、Wifi対応していないところがほとんどですよね。

全てWifi対応にしてしまうと、携帯会社が儲からないというのと、個人向けWifiルーターのメーカーが儲からないというのがあるので、全国至る所に普及させるのはなかなか難しいのでしょうが、それにしてももう少し導入している店があってもいいものです。

ただ、日本の場合、今は各家庭に1台くらいWifiがありますよね。

海外にいくと、なかなかないですし、あったとしても非常に微弱なものです。

ですので、ネット依存症の方にはやや辛いでしょうが、今はモバイルルーターなんていうものもあります。

これが必要なのかどうか?海外のネット環境はどんな感じなのか?

まとめてみました。

Sponsored Link


世界一周中、海外のネット環境はどんな感じ?

ご想像の通り、とても良いとは言えません。

私が廻った中では、南米が最弱でした。

アフリカ系はほとんどないものと思っていいでしょう。

アジア圏とロシアが同じくらいで、

ヨーロッパ、アメリカ系はやはり発達しています。

LINE通話など、日本の友達・家族でする場合、

ブラウザを経由しての通話なので、当然ながらWifiが必要なわけですが、

音声はぶつ切れですし、なかなか聞き取ることのできないことも日常茶飯事です。

ドミトリーやホテルなどに備え付けのWifがあるところは多いですが、

クオリティーにはあまり期待しない方がいいですね。

安定したWifiを求めるのであれば、

スターバックスやマクドナルドのフリーWifiを使うか、

きちんとしたホテルに泊まって、Wifiを使うしかありません。

海外のスターバックスやマクドナルドでは、

Wifiの使える時間が制限されていて、1時間限定などのものも多いので、

自由にネットを楽しめるかと言われれば、答えはNOです。

Googleが月からWifiを発して、

全世界でネットを使うことができるようにするという

研究を行っているそうですが、それが実現するのを待つばかりです。

世界一周にWifiルーターは必要か

ですので、どうしてもネットを使いたいのであれば、

Wifiルーターを購入・レンタルする必要があるわけですが、

正直なところ、これまでブログも一応更新できてきましたし、

高い料金を払ってまでネットを使うのは、仕事をしている人だけではないかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヨーロッパ15日以内 3G 海外Wi-Fiルーター容量3GB
価格:5980円(税込、送料別) (2017/7/17時点)

ヨーロッパ限定やアジア限定などのWifiなども楽天から出ています。

どうしても、この期間だけはネットがないと困る!という場合、

こういったものを利用するといいでしょう。

1ヶ月丸々契約などすると、

1日あたり1000円以上取られるので、

かなり旅が高くついてしまいますしね。

だったら、観光費などに回した方が、

漫喫できていいんじゃないのかと思います。

購入する人は、ずっと使うのではなく、

国や期間を決めて試してみるのがいいと思いますよ。

Sponsored Link


Sponsored Link