Hattsの記事をシェアしてね!

世界一周でのお金の持ち運び方と管理方法

世界一周していると、やはりいろいろな面で日本のようにはいきません。

その最たるものが、盗難の危険性。

海外に出ると、日本って素晴らしいなと実感します。

財布を落として返ってくる国は、おそらく日本くらいしかありません。

ですので、海外に出る際は、気を引き締めていく必要があるわけですね。

ここでは、お金の管理方法と持ち運び方に関するTipsを紹介します。

Sponsored Link


オンライン銀行口座を開設しよう

まず、やっておいて欲しいのが、オンライン銀行口座を開設するということです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

あたりが有名ですが、このうち2つくらいあると便利ですよ。

オンライン上で振込などが完結するので、必ず申し込んでおきましょう。

お金の持ち運び方は主に4通り

現金

現金は本当に最低限使うものだけにしましょう。

国によって通貨が異なるので、滞在日数を考え、その国で使い切れる分だけ持っておきます。

持ち運び方ですが、財布に入れてバッグの奥深くに隠しておくか、

こんなものも売られています。

バックパッカーは結構使っている人多いですよ。これを付けて、服の下に隠してしまえば、スリに遭うことはまずありません。

クレジットカード

海外では基本、クレジットカードを使っていくことになります。

1枚だけ持つというのはやめましょう。

最低でも、2〜3枚は持つようにしてください。

理想は、VISAが2枚、マスターカードが1枚あるといいです。

カードによっては、海外で使えないものもありますし、いざという時に使えなかったら本当に困ります。リスクヘッジの意味も込めて、多めに持っておくといいですよ。

海外では、ATMを使ってお金を引き出すことになります。

VISAがあれば、基本的にどこでも引き出すことができますが、マスターカードもあった方が安心ですね。

複数持っておくと、自動付帯の保険も複数持つことができるということです。

持ち物の紛失や事故にあったときなど、安心ですから、多いに越したことはないのです。

下の方で、世界一周するにあたって持っておいた方がいいカードをまとめておきましたので、まだ発行していない方や、クレジットカードが足りないなと感じた方は、いくつか見てみてください。

デビットカード

クレジットカードとデビットカードの違いを理解していない人もいるかと思います。

クレジットカードは、カード会社からお金を借りて、支払うためのもの。

デビットカードは、銀行口座のお金を使って、支払うためのもの。

ですから、デビットカードでは、銀行口座以上のお金を使うことはできませんし、使いすぎる心配はありません。

また、金利という概念がないので、キャッシングの際は非常にお得です。

ATMでキャッシングするなら、デビットカードがいいですよ。

ちなみにですが、

両替とキャッシングで悩んでいる方がいるなら、確実にキャッシングの方がお得です。

両替はどこもレートが悪すぎます。

だから、その国で使い切れる分だけお金を持って、

あとはカード払いがいいと言ったわけです。

現金を持ちたいなら、両替するのではなく、デビットカードでキャッシング。

覚えておきましょう。

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードを使うことは滅多にありません。

なぜなら、手数料がクレジットカードに比べて高いからです。

ただし、ATMでスキミングされ、暗証番号を盗まれるというリスクはないので、「ここヤバそうだな」と思ったときには使えるかもしれません。

もしくは、キャッシュパスポートというものもあります。

これはプリペイドカードのようなもので、チャージした分だけお金が使えるといったものです。

オンラインでお金をチャージできるので、セキュリティ面で不安な方はこちらも持っておくといいでしょう。すぐに発行できるのもメリットの1つです。

カードは3枚が賢いお金の管理方法

クレジットカードは2〜3枚あるといいました。

でも、どれでもいいわけでもありません。

旅をするのに、ぴったりなカードがあるので、この中の1枚は必ず持っておいてください。

おすすめのクレジットカードTOP3

楽天プレミアムカード

年会費  10800円
特徴  世界120カ国の空港ラウンジが使える
公式ホームページ  楽天プレミアムカードはこちらから

このカードは必須です。

年会費がかかりますが、この年会費で世界中の空港ラウンジを使うことができます。

ふかふかのソファに座り、ジャズを聴きながら、ドリンクや軽食をとることができます。

待ち時間の辛さが完全に消えるので、世界一周で長旅するなら必ずもっておきたいカードです。

セディナカード

年会費  無料
特徴 ATM手数料が無料
公式ホームページ  セディナカードはこちらから

年会費とATM手数料が無料のクレジットカード。

キャッシングには、デビットカードがいいと言いましたが、デビットカードではなくやはりクレジットカードを持っていたいという方はこちらがおすすめ。

エポスカード

年会費  無料
特徴  保険の保障内容が最上級クラス
公式ホームページ

傷害200万円・疾病270万円・携行品20万円の保障が付くので、保険目当てでカードを持つならこれ1択でしょう。

私も一度ありますが、海外で病院へいかなければいけなくなるときが、何度かあります。

そんなとき、保険内容が充実しているカードが1枚あると安心です。

補足:海外でのATMの使い方

使い方は、動画を見てもらえれば簡単にわかるはずです。

①ENTER PIN(暗証番号)を入力(ENTERを押す)

②WITHDRAWAL(現金の引き出し)を押す

③CREDITを押す

④引き出したい金額を選ぶ

⑤取引を終了する

たったこれだけですので、安心して使えますよ。

世界一周の準備を整える

Sponsored Link


Sponsored Link