Hattsの記事をシェアしてね!

世界一周の前に必ず歯医者へ行っておいた方がいい理由

世界一周前にぜひやっておいてほしいのが、歯の治療。

歯の治療って時間がかかるし、厄介なんですよね。

でも、旅の間に歯が疼いたりしたら最悪です。必ず行っておきましょう。

Sponsored Link


海外の歯科治療費は高い

歯科治療に関して、日本はかなりのコストパフォーマンスを実現しています。

もちろん、国民健康保険があるからです。

もともとの金額も低いんですが、保険のおかげで3割負担で大丈夫になってますから、

かなり安い費用で歯科治療を受けることができます。

比べて、アメリカやヨーロッパの歯科治療費は非常に高い傾向にあります。

保険をきかせても、一回1万円近く取られるので、保険がなかったら悲惨です。

とてもじゃないですが、払える金額ではなくなってきます。

歯科治療費は保険の対象外となることが多い

日本の海外旅行保険では、医療費の負担は当然有りますが、

歯科治療費は負担してくれないケースが非常に多いです。

ですので、泣く泣く海外で歯科治療を受けるときは全て実費で、

10万以上の費用が必要になってくる場合もあります。

もはや一時帰国した方がいいレベルです。

アジア圏の方がまだ良心的な価格であることが多いんですが、

とりあえず衛生面や技術面で不安が残ります。

日本の歯科治療は、歯をどれだけ長く残すかという考え方ですが、

海外の場合、虫歯になったら何も考えずに抜歯するという国も多いので、

やはり日本での治療を強く勧めます。

住民票を抜く前に歯医者に行こう

1年以上世界一周へ行く場合、ほとんどの方が住民票を海外へ移すと思います。

(▶世界一周するには仕事を辞めるのか?家賃はどうする?)

ただし、住民票を抜いてしまうと、保険がきかなくなってしまいます。

ですから、余裕のある時期、早め早めに歯科治療を終わらせておくといいですよ。

最低でも世界一周の3ヶ月前には通い始めよう!

日本の歯科治療は、1度に全て済ませるわけではなく、

フローごとに何回も分けて治療していきますよね。

だから何度も通い詰めないといけないわけですが、治療箇所が多いと本当に時間がかかります。

歯科医によっては、事情を説明すれば、無理にスケジュールを組んでくれるケースもありますが、やはり余裕をもった治療をおすすめします。

最低でも渡航の3ヶ月前までには、きちんと全ての治療が終われるように、歯医者へ通い始めた方がいいと思います。

ストレスのない旅をするために、万全の準備を心がけてくださいね。

では今回は以上になります。ありがとうございました。

世界一周の準備を整える

Sponsored Link


Sponsored Link