Hattsの記事をシェアしてね!

世界一周航空券のメリット・デメリットとは?ルールを知ってから買おう!

世界一周を考えたときにまず目にとまるのが、「世界一周航空券」のはず。

最初見たときは、こんなものが世の中にあるんだー!!と感動を覚えますよね。

ただし、すぐに飛びつくのは止めましょう。結局、私は自分で世界を旅することにしたわけですが、当然ながらメリット・デメリットもあれば、合う・合わないもあります。

今回はどんな人におすすめで、どんな人に不向きなのかなど、まとめていきたいと思います。

そもそも、世界一周航空券ってなんだっけ?

という方は、こちらの記事を参考にしてください。

ファーストクラス!?ビジネスクラスで世界一周!?航空券が意外なほど安かった。

どういったチケットか、ざっくりと理解していただいた上で、

読んで頂けるとわかりやすいと思います。

Sponsored Link


世界一周航空券5つのメリット

まず、メリットから紹介していきます。

マイルが貯まる

世界一周航空券には大きく分けて3つのアライアンスがありました。

  • Star Alliance
  • One World
  • Sky Team

この3つですね。

アライアンスというのは、グループみたいなもので、

色々な航空会社を束ねるものです。

なので通常、いろいろな航空会社を使ったら、

その航空会社ごとにマイルが貯まります。

ですので、世界一周していたら、通常はバラバラにマイルが貯まっていきます。

しかし、世界一周航空券を使うと、

1つのアライアンスとしてマイルが貯まります。

どういうことかというと、、、

Star Alliance のマイル。

One Worldのマイル。

Sky Teamのマイル。として、マイルが貯まるということです。

マイルを1つにまとめることができますので、

結果、マイルが貯まりやすいです。

ルートを決めやすい

世界一周航空券には細かくルールが定められていましたね。

Star Alliance や Sky Teamの場合、

3カ国以上かつ15カ国以下の国々に滞在しなければいけませんでしたし、

One Worldの場合、〇〇大陸は△△回しか航空券を使ってはいけない

というルールが定められていました。

これはデメリットでもあるのですが、

逆に制限があった方が、ルートを決めやすいという

人もいるみたいですね。

全てLCCにして、全て自分でルートを決めると

自由度が高すぎて、どこから手を付けていいかわからない

という自体になるそうです。

航空券をいちいち取らなくて良い

世界一周航空券とはどういうものかというと、

色々な航空券をパッケージ化して販売していますよ〜というもの。

だから安くなっているわけですね。

いろいろな航空券が束になったものが、

世界一周航空券ですので、当然それ以上航空券を取る必要はないわけです。

(細かい移動などに別途LCCなどを使う場合は出てくるでしょう。)

LCCの航空券を取ろうとすると、

早めに取っちゃった方がどうしても安いので、

出発の2ヶ月前とかに無理やりスケジュールを決めて・・・

っていうことを繰り返すわけですが、

忙しい旅の中で航空券の予約に追われるのって、

結構なストレスです!!!

最初にルート全部なんか決められないよ!とも思うんですが、

どっちにしろ、LCCにしても早い段階で取ることになりますし、

結局は「◯月◯日までに〜〜まで移動して〜〜〜」

とかいう計算は必要になってきます。

だったら、旅に出る前に全て決定しておくのも

1つの手であるような気がしますね。

快適なフライト

やはりLCCとは違います。

LCCとは、もともと余分なサービスを全て削ぎ落としたものです。

ですので、LCCに快適さを求めること自体、間違っているのですが、

世界一周航空券を使うと、ビジネスクラスもかなりお安めの値段で買うことができます。

ですから、フライトの快適さにこだわりたい人にはおすすめです。

特に世界一周だと、長距離フライトが多くなってきますからね。

航空券の費用が上下しない

例えば、お正月前に航空券を買ったら、通常価格の1.5倍はします。

バラバラに航空券を買うと、当然ながら、値段の高いシーズンにも当たることが

あるわけですが、世界一周航空券場合、まとめ買いですし、束が1つの商品になっているので、価格が一切上下しません。

「この世界一周航空券は、〇〇円です。」とバシッと決まっていますので、固定です。

航空券に関して、予想外の出費ということはあまりなくなると思います。

続きはこちらから!

↓↓↓

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link


Sponsored Link