Hattsの記事をシェアしてね!

世界一周航空券とLCCの比較と併用方法をわかりやすく解説!

さて、これから世界一周へ行こうとなったとき、悩むのが世界一周航空券を使うのか、それともLCCで航空券を取っていくのか、という問題でしょう。

当然ながら、どちらにもメリット・デメリットがあるので、なかなか決めづらいと思いますが、今回はこの両者を比較していって、あなたにとってどちらを選択した方がお得なのかということを明確にしていきたいと思います。

また、どちらか一方ではなく、併用して使うということも出来ますので、そちらについても解説していきたいと思います。

Sponsored Link


世界一周航空券とLCCを比較してみた!

正直、どちらがいいのかなーと考えているだけでは、

何も前に進めないので、両者のメリット・デメリットを

ひとまず洗い出してみたいと思います。

ただ、その前に世界一周航空券がどんなものかわかっていない方は、

こちら(→ ファーストクラス!?ビジネスクラスで世界一周!?航空券が意外なほど安かった。 )から確認しておいてください。

世界一周航空券のメリット・デメリット

まず、世界一周航空券のメリットですが、

・サービスの整った大手航空会社を利用できる
・預け入れ荷物が2点まで無料である
・LCCの範囲外のルートもカバーしている
・欠航・遅延・乗り継ぎのケア、サポートがある
・旅中に航空券を手配する必要がないので楽
・マイルが貯まりやすい
・値段が一定でハイシーズンの影響を受けない
・日本までのルートが全て決定しているので、入国審査が楽
・ビジネスクラス・ファーストクラスが割安
全体として、サービスが整っています。
大手航空会社ばかりなので、当然といえば当然。
安心・安全といったメリットが目立ちますね。
価格帯はルートなどによりバラツキますが、
エコノミーで30万〜60万くらいが目安です。

続いてデメリットは、
・ルート変更に1万円程度必要
・選択したアライアンスに入っている航空会社しか選べない
・1年以内でしか、世界一周航空券を使えない
・ルールが細かく設定されていて複雑
・陸路移動も空路と見なされ、その分、航空券の使用可能回数が減る
・ルートを初めに全て決めるので自由度が低い
とにかく制限が多いのが特徴。
ルート、時間など全てにルールが設定されています。
旅をしながら色々決めていきたい人には向いていなさそうですね。

LCCのメリット・デメリット

続いて、LCCのメリットです。

・値段が安い(購入時期とルートによる)
・陸路を最大限活用できる
・ルートが全て自由
・世界一周に期限がない
・難しく考えず、ネットで簡単に予約が可能
とにかく、全ては自分次第。
航空券代を安くできるかも自分次第です。
例えば、早めに航空券を買って、
日本→アジア→ヨーロッパ→北米→南米→日本
というルートを使った場合、上手くやれば20万円台で
済ませることも可能です。

デメリットも紹介していきます。
・ルート変更すると100%のキャンセル料が取られる
・欠航・遅延が多い(サポートもない)
・機内サービスはほとんどない
・預け入れ荷物は別料金が発生
・イースター島などカバーしていない場所がある
やはりサービス面は期待できません。
機内食を頼むのにも追加料金が必要です。
サービスは自分でお金を払って足していかなければいけない
というシステムになっています。

続きはこちらから!

↓↓↓

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link


Sponsored Link