Hattsの記事をシェアしてね!

世界一周 ~モロッコ マラケシュ3 メェさんさようなら~

この日は犠牲祭というイスラム教の祝日です。

イスラム教最大のお祭りということで、

本当は移動する予定だったけれど、この日はバスは動かず、あれだけにぎわっていたお店もまったくやっていません!

日本でいうお正月!

やっべっ、

住所不定無職、安宿に引きこもりになるか・・

と思っていると、

泊まっている宿でも犠牲祭のイベントの一つ、ひつじさんを生贄にするとのこと!

参加させていただきました。

普段、動物を殺す場面に遭遇しないですからね、

当たり前に食べてる牛、豚、鳥・・・

誰かが殺してくれているから、わたしたちはおいしく食べられるのです。

今回私たちの宿でと殺されたのは、このメェさん。

最初はメェメェ鳴いていましたが、弱ったのでしょうか?

と殺前には鳴くこともなく、ただただじっとしていました。

ちなみにこのメェという鳴き声、

前日くらいからどんどん羊が運ばれていたため、

街からメェメェという鳴き声があふれかえっていました。

そしていよいよ、と殺。

一人がメェさんを抑え、

一人がメェさんののどを掻っ切る。

切った瞬間、あふれだす大量の血液。

まだすべてが切れたわけではなく、

メェさんか生きており、手足をバタバタさせている一番かわいそうな状態。

この時ほど、早く殺してあげて・・と思ったことはないでしょう。

このあときちんと首を取り、と殺されたメェさんの皮をはぐ。

普段スーパーに並んでいる、お肉も、

こういった経緯があってこそのお肉。

動物にも、と殺してくれている人たちにもほんとに感謝いっぱいとなりました。

そして夜は、犠牲となったメェさんをみんなでいただきます。

これ、メェさんの内臓。

みんな、うまい!うまい!と食べておりました。

わたしはというと・・

と殺された場面をみせてもらい、メェさんへの感謝の気持ち、ものすごくあります!

でも、、クサイものはクサイ。

前から薄々感づいてはいましたが、獣臭強めなお肉アウトなんですね。

一口食べてごちそうさまでした。

メェさんありがとう。

この日は、日本でいうお正月ということで、

親族とかも集まってくるんですね。

この宿にも姪っ子甥っ子登場!

姪っ子のドゥアちゃんによるアラビア語レッスン!

わたしがしゃべれる言語・・日本語、英語

ドゥアちゃんがしゃべれる言語・・アラビア語、フランス語

かみあわねーーーーーーーー(; ・`д・´)

それでも共通言語がなくてもコミュニケーションはとれるのです!

おかげでとても楽しくすごしました。

というかこの画質の悪さ、どうにかしてくれ・・

お別れの時、折り紙をおってプレゼントすると、ドゥアちゃんは泣いて喜んでくれ、

彼女がしていたネックレスをその場でくれました。

ということで、数年後マラケシュもっかい来たいな(*’▽’)

Sponsored Link


Sponsored Link